健康・品質・安全の、アニーズAI店舗が「福岡県。行橋市」に

近未来のAI・未病提案、ショップに挑戦する、アニーズ AI

アニーズAI ヘルス・ケア ショップ

幸せの健康生活の提案・ヘルス・ケア

血液のドロドロ・血管のボロボロについて

 

「トランス脂肪酸」と呼ばれる、油脂を精製・加工する段階で生まれる不飽和脂肪酸は、血液中の悪玉(LDL)コレステロールを増やし、血液の粘度を増して、血流を悪化させることがわかっています。

 

それではサラサラの血液を保つためにはどのような食事では、まず積極的に摂りたいものとしてはLDLコレステロールを下げるといわれているn-3系脂肪酸を多く含んでいる「フィッシュオイルやえごま油」です。1日1回は魚を食卓に取り入れ意識して選ぶようにするとよいでしょう。

 

また、

血管の動脈硬化を予防するにはEPA DHA やn-9系オリーブオイルを摂ることでトランス脂肪酸を食べないことがよいでしょう。

 

健康生活の第一歩は、「血液と血管」

 

アニーズAI・ヘルスケア ショップ、

健康を目的とした最初のテーマは、「血液と血管」。

品質の安定と安定供給が重視されてきた現在の食品は、消費者の健康についても科学的根拠から安心、安全をうたっている製品が、おおくの消費者に支持されているのも確か、

 

アニーズAIの開発商品の指針は「疑わしくは開発・販売はしない」

 

近来、血液と血管のダメージからくる「様々な症状」を科学的に解明されつつあり、WHOから世界各国の政府も安全・安心との証明、安定供給から大量生産・大量販売を支持、監督しているのが現実。

 

ただ、アニーズAIでは、半世紀50年以上の長期にわたる「食品の健康被害」について研究開発をテーマとし、問題視しているのは、「トランス脂肪酸」が消費者、特に一家の食の、大黒柱である主婦の「血液と血管」が、50~60年後から急激に体調変化、心筋梗塞、脳卒中等、血液や血管、循環器関連にダメージを与えることを危惧しています。

 

安心・安全な製品を開発・販売する場合、50~60年以上経過後のテスト結果を出すのは、個人差もあり大変難しく科学的結論を出すことは不可能だと確信します。

 

当社は、人間の健康において根幹となる「血液と血管」に大きな影響、ダメージを与える「トランス脂肪酸」(ショートニング・マーガリン等)を原料とした製品の取り扱いしないことをメッセージします。

 

「トランス脂肪酸」は自然の食材にも微量あることも確かだが、当社として「トランス脂肪酸」は、極力慎重に取り扱うことの対策を考えています。

 

幸せのための

健康・品質・安全の健康生活の対策を提案します。

 

 

緊急提案として、トランス脂肪酸の摂取量「0%」に向けて努力を目標に集中開発いたしています。

 

トランス脂肪酸の影響は、高齢者の男女、特に注目すべき問題は女性に非常に多く、肥満・心筋梗塞・脳卒中等、

循環器疾患、冠動脈性心疾患の生活習慣病のリスクを高めます。

 

WHOが、2003年からトランス脂肪酸の摂取量を総摂取エネルギーの1%未満の基準となっています。

 

平成30年の国民健康調査で日本人の男性の約35%・女性では43%と男性より女性のほうが脂質摂取量が多いのに注目しています。

 

アニーズ AI は、健康・品質・安全のテーマを基に、生活習慣病の危険因子No.1のトランス脂肪酸激減の製品を続々と開発中です。

ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


お問い合せフォーム

メモ: * は入力必須項目です